ガス料金比較/適正価格診断

 このエントリーをはてなブックマークに追加 
プロパンガスと都市ガスの違い

ガスは地域・場所により都市ガスとプロパンガスに分かれています。
一般的に都市ガスが安いと言われていますが、本当でしょうか?
調べてみましたので、ご覧ください。

都市ガス プロパンガス
原料 メタンを主成分とする天然ガス プロパン・ブタンを主成分とする液化石油ガス
性質 −162℃で液体になり体積が600分の1に小さくなる −42℃で液体になり体積が250分の1に小さくなる

 

供給方法

液体で大量輸入し基地のタンカーに貯蔵
気化したものを導管ネットワークを通して提供 液体のままボンベに詰めて気化して使用
臭い 無臭、ガス漏れに気づくよう臭いをつけている
重さ 空気より軽い 空気より重い
熱量 11,000Kcal/m³ 24,000Kcal/m³
火力 同じ
災害時の復旧速度 遅い(ガス導管の検査と2,000〜3,000軒単位の地域で分割確認) 早い(各家庭単位で完全性が確認できればよい)
関東地方(〜20m³の場合)/税別>
料金 安い 高い
>>基本料金

745.20円

1,500円
>>従量料金 2,809円(単価:140.47円)※東京ガス18年9月検針分 6,600円(単価:330円
>>合計 3,555円 8,100円
東北地方(20m³の場合)/税別>
料金 安い 高い
>>基本料金

896.4円

1,500円
>>従量料金 3,422円(単価:171.08円)※東部ガス18年9月検針分 8,000円(単価:400円
>>合計 4,318円 9,500円
甲信越地方(20m³の場合)/税別>
料金 安い 高い
>>基本料金 745.2円 1,500円
>>従量料金 3,422円(単価:141.28円)※長野都市ガス18年9月検針分 8,000円(単価:400円
>>合計 3,571円 9,500円
東海地方(20m³の場合)/税別>
料金 安い 高い
>>基本料金 745.2円 1,500円
>>従量料金 3,635円(単価:181.76円)※東邦ガス18年9月検針分 7,600円(単価:380円
>>合計 4,380円 9,100円

※出典:プロパンガス料金消費者協会及び各ガス会社

プロパンガスと比較すると都市ガスが安い

プロパンガスから都市ガスに変えたのなら安いのは体感できますが、
最初から都市ガス使っていれば…「特に…」って感じですよね!?

 

東京、千葉、埼玉にお住まいなら
更に(都市ガスを)5%安くできる方法があるんです。

都市ガスをもう少し知るなら次へ

プロパンガスの方へ

都市ガスが安いからと言って、プロパンガスから都市ガスへは変更できませんよね?

 

安心してください、プロパンガスでも都市ガス並みに安くできる方法があります。
次のページをご覧ください。

 このエントリーをはてなブックマークに追加 
更新履歴
トップへ戻る