新電力一括見積りが安くない理由とは

新電力一括見積りが安くない理由とは

新電力一括見積りが安くない理由とは

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

「新電力の一括見積」がなぜ安くならないのか、どうすれば安くできるのか、その理由を説明していきます。
最初に、総括原価方式をご説明します。

どうして電力会社を変えるだけで安くなる?

自由化になる前、電気は大手電力会社の独占販売でした。
また、離島でも山奥でも安定して電気を供給する義務が大手電力会社にはあります。
このため電気料金を決める”総括原価方式”で算出されています。

総括原価方式?

総括原価方式

 

これを簡単に説明すると
人件費を含む掛かった費用に一定の利益を乗せて売価を決めている。
いくら原価が高騰しても売価が上がるだけで、利益は一定額を維持できる、という仕組みで
式で表現すると以下のように

 

電気料金=「電気を調達する為に要した全ての費用、人件費」+「利益」

 

※安定した供給が求められる公共性の高いサービスに適用されている
ようするに、原価がいくら掛かろうと、決まった利益を乗せて売価を決めている。

 

一般企業は、売れる売価を設定し、それ以上、上げたら売れない事がわかっているので
コスト削減や、利益額を減らして、売価を抑制していますが、独占販売だった為
価格競争もなく、年々電気料金が上昇する原因にもなっています。

 

自由化により、新電力事業に一般企業が参入しやっと価格競争が始まっています。
新電力は一般企業ですので、大手電力会社のような、”しがらみ”がなく採算の取れないところへは
供給しなくてよい事になっていますので、価格も安価に設定できる要因です。

 

このように、年々上昇し続けてきました。

 

では本題です。

 

一括見積とは?

一括見積

 

殆どの一括見積会社の場合、お客様から依頼を受けて、新電力会社へ丸投げし、
各新電力会社よりお客様へ営業の電話等が入り、個別見積するだけの事です。

 

一括見積のメリット
  • 一社づつ見積り依頼をしなくてよい

 

一括見積のデメリット
  • どこが一番安いかはお客様自身で比較し判断する
  • 個別(1:1)見積の為、価格競争が働かない
  • お客様に営業の電話が殺到する

 

見積一括比較会社の場合

一括比較

 

@〜Cまでの流れを一括見積会社と比較して見て頂ければ一目瞭然ですが、
見積一括比較会社の場合は各新電力会社より見積書を取りまとめ比較表を作成しお客様に提示致します。

 

見積一括比較のメリット
  • 見積書を(入札形式により)一社で一括して取りまとめた比較表を受け取れる
  • お客様に営業の電話が殺到しない

 

見積一括比較のメリットのデメリット
  • 特にない

 

新電力って何社ある?

新電力事業者(PPS)は全国で1,000社以上
しかし、実稼働し、供給できるのは数十社程度。

 

また、1社で全国供給できるものではなく、エリアによって供給可能な新電力会社が異なる。
自身で探すには、全国展開の企業の場合、これが最大の手間になる。
エリア毎に新電力を探し→見積り依頼→見積もり比較

 

しかし、これでは安く見積もることは出来ない。

 

入札形式とは?

ガスや電力等の場合、各社品質やサービス条件は同一と考えてよい。
この場合、お客様が注視する条件は価格しかない。

 

これは新電力会社も承知しており、契約を取るならば
「他社より安い価格を出すしかない」=「入札形式」
これが価格競争が働く入札形式。

 

単純に一括見積と言ってもメリット・デメリット、そして選択すべきは
見積一括比較会社だと分かって頂けたと思います。

 

「更に見積を安くする」お客様ができる最良の方法

 

新電力の見積をするには、請求明細書や電力会社からのデータを、直近の過去12か月分が必要となる。
同じ契約者でも建物が異なれば拠点コードが異なる為、それ毎に明細書が必要となるのを付け加えておこう。

 

見積は契約者単位ではなく、拠点毎に見積もる必要があり、
100カ所あればそれぞれ12か月分のデーが必要となる。
この場合、とりあえず1カ所見積もって…
安ければ100カ所見積もると考える方がいるようですが、間違っています。

 

例えば、商品を仕入れる(買う)時に1個だと100円だが、100個だと90円に値引きしてくれると感がえればわかるだろうか。
見積も同様で、1カ所より100箇所で見積もった方が安く出来るのは間違いのない事実である。

 

大事な点なので繰り返す。
見積もるなら、全拠点一度に見積る事でボリュームディスカウントできる。
ではどのようにすればよいか。

 

この入札形式で見積りが取れるのはココだ!

新電力/見積一括比較会社〜新電力バンク陸前高田支部

 

現在、新電力25社以上と提携し北海道〜沖縄まで全国対応している。

 

大きなアドバンテージとしては、前述の通り入札形式で見積りを一括比較でき、全国対応しているところである。
特に全国展開している企業なら、最大のアドバンテージを教授できる事になるであろう。

⇒新電力バンク陸前高田支部

 

以下リンクより、一か月の利用明細書があれば、超概算ではあるが1分もあれば削減額が分かってしまう。
その結果、正しく見積り依頼するには問合せより

新電力に断られた

諦めないで下さい。

新電力に断られた事がある企業も少なくはないと思います。
なぜ断るのか?…それは負荷率が関係しています。

負荷率って?

簡単に説明すると、契約電力に対し常に多くの電力を使っている…負荷率が高い

 

この負荷率が高い場合、大手電力会より特別割引契約できる場合が多く
以下の図式が一般的です。

  • 負荷率が高い・・・単価が安い
  • 負荷率が低い・・・単価が高い

結果、負荷率が高い高いいと割引を多く受けている場合いが多く
新電力に切り替えても安くならないケースがあり、新電力が断る原因の一つになっています。

 

しかし、不可能率が高くても部分供給によって新電力への切り替えが可能な場合も多く
高負荷率でも供給可能な新電力を探す事で切替は可能となります。

 

新電力会社は1,000社以上

新電力会社は1,000社以上もありますが、実稼働は数十社と言われています。
これらの中から、
自社に供給できる最安値の新電力会社を探すにはどうすればよいか?

 

受託率99%超〜
受託率99%超の新電力バンク陸前高田支部なら
新電力に断られたことがあっても諦めないで下さい。
高負荷率に対応している新電力は勿論、
北海道〜沖縄まで25社以上(業界最多)の新電力から、最適な会社を探せます。

一例として

結婚式場 学校施設 運動公園

結婚式場

年間削減額 1,294万円

学校

年間削減額 192万円

運動場

年間削減額 44万円

オフィスビル 工場 ホテル

ビル

年間削減額 134万円

工場

年間削減額 109万円

ホテル

年間削減額 138万円

 

気になる方はコチラから

 

以下リンクより、一か月の利用明細書があれば、超概算ではあるが1分もあれば削減額が分かってしまう。
その結果、正しく見積り依頼するには問合せより

新電力比較

 このエントリーをはてなブックマークに追加 
トップへ戻る